<コンセプト>

 

決して贅沢ではないけれど、新鮮な食材で、
ちょっとだけ手をかけて、皆で美味しい料理を作ったら、
食べるということが深い味わいになる。

 

そうしたら風を感じることが
こんなにも心地いいことに気づく。

波の音、緑のざわめきや小鳥のさえずりに
耳をすませることが出来る。

人と笑い合うことがこんなにも愛おしい時間になる。

 

当たり前の幸せがこんなに近くにあったこと、
思い出してみませんか?

 

いつものリゾート、それが糸島の一棟貸

古民家keyanz(ケヤンズ)です。

 

 

keyanzは
一方的にお客様をおもてなしする、というのではなく、
ゲストとホストが家族のように交わり、
コミュニケートする場所であり、
いつも皆様に帰ってきてほしい故郷のような場所です。

暮らすように、ご自分の家にいるように、
芯から寛いで頂きたいと思っています。

 

 

※ ハウスのシンボルツリーは杏子(あんず)。
芥屋(keya)とあんず(anz)を組み合わせて
“keyanz”と名付けました。

 

 

近くに大きな畑を借りることも出来ました。まだ少々時間がかかりますが、

これから植え込み、収穫などの農業体験も皆様と一緒にやることが出来たら、と思っています。

 

 

keyanzはまだまだ未完成の進化形。皆様と一緒に作りあげていきたいと思っています。